#ブログはじめました。

主に趣味や思いついた事について書いています。

私は、残業代貯金を宣言する!

タイトルの通り、来年度より!残業代貯金基金を設立します!

まぁなんで急にこんなこと言い出したのかというと、

残業したくないんですよね、残業代に頼らない生活をすれば、

残業しなくなるのではないかみたいなことを思ったわけです。

 

詳しくはこれから書いていきます!

ではいこう!

残業とは何か?

残業とは、就労時間に掲げられている時間よりも多くの時間労働をすること、

もしくは、1日に8時間以上就労した場合の超過時間が残業となります。

 

労働基準法では残業代を払わない場合、6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、またはその両方が科せられることがあります。

 

ということで所定の就労時間より多く働いた場合は企業は残業代を支払わなければなりません。

ちなみに、営業手当などを残業代として扱っている企業もありますが、時間計算した残業代よりも営業手当の額が低い場合、その差額分も支払わなければならないことになっています。

まぁ実情、社会は深い闇で守られているため支払われることは無いと思います。 

 

残業が増える原因

 お客さん、取引先の都合、仕事が多くて終わらない、締切、納期に間に合わせなければならない。

こういったことが残業が増えている原因になると思います。

先方都合の場合は仕方ないですけれども、仕事量や納期の問題はただ単に人手不足ですよね。

経営者の能力不足にほかならないです。

話がそれましたが、残業は往々にして自分ではなんともならないところで増えていきます。

 

残業代貯金をしよう!

唐突ですが、ここで残業代を貯金することを提案します。

まずは基本給で生きていけるように生活を設定しましょう。

残業代が無いと生きていけない状態に自分をおいてしまうと、帰れるのに帰らない。

檻が開いているのに自らそこにとどまる。といった状況になってしまいます。

基本給で生きていけるような生活をすると帰れるときに帰るという考えが身につくのではないでしょうか?

 

そして1年間自がんばった残業代で、自分にご褒美を買うなんてこともしないといけないですね。

1ヶ月3万円でも1年で36万円です。いい服が買えて旅行もいけます。

 

みなさんも残業代貯金をしてみてはいかがでしょうか?

 

もし、貯蓄額が大きくなってしまったら?

1年間の貯蓄額が100万円を超えたり、思ったより多いな、と感じてしまったら

それは転職の時期かもしれません。

その貯金を生活費にあてて、一度ゆっくり自分にあった仕事を探してみるのも良いかもしれません。

 

 

おわりに

いかがでしょうか?

残業代貯金、言い方を変えると

がんばった貯金とも言えると思います。

1年間の自分の頑張りを数値化するとともに、

基本給で生きていける生活をする事ができる一石二鳥の貯金です。

最初は全額ではなく、半額からでも良いので少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに私は、貯めたお金でアメリカに旅行したいです。それでは!